忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[529]  [528]  [527]  [526]  [525]  [524]  [523]  [522]  [521]  [520]  [519

7月から東映チャンネルでテレビシリーズがスタートする『あぶない刑事』。今年は、劇場第一作目が公開されてから丁度25周年と言うことで、映画&TVスペシャルを含めた全7タイトルのブルーレイが発売になるそうです。さらに、最初のテレビシリーズを2話ずつ収録したDVDマガジンも8月の下旬から創刊されるとか。本来は、去年がテレビシリーズの25周年の記念の年でしたが、震災やら災害の多い年だったので自粛されていたのかもしれませんが、今年は、何やら盛り上がりそうな雰囲気ですね。


それにしても、テレビで放送されてからはや26年目にもなるんですねー。テレビシリーズが始まった当時(1986年10月)は、まだ『太陽にほえろ!』も、テレ朝の『特捜最前線』も放送されていましたね。同じくテレ朝の日曜夜8時台の『西部警察』から続く刑事ドラマ枠は、2年続いた『私鉄沿線97分署』が9月で終了し、その後は、一端バラエティ枠に。一時期よりアクション刑事ものが少なくなり、人情もの、硬派で地味なタイプの刑事ドラマが続く中、突如、日曜の夜に登場したお洒落でカッコ良い刑事ドラマ…最初は、そんなイメージでした。タイトルからして当時は、斬新でしたよね。あぶないけいじ?なにそれ?的な感じで、最初にタイトルを見た時は、なんかふざけたタイトルだなぁと(笑)、思ったこともありましたが、見てみたら、いつの間にかにだだハマリ。タカとユージのカッコ良さは当然ながら、二人の軽快でユニークなセリフのやりとりと派手で華麗なアクション、サブタイトルが二字熟語なところとか、捜査課と少年課が隣同士になっている港署のセットとか、異質な犯人とか、お洒落な英詩のOPや挿入歌や、さらにまたカッコ良いBGMなど、とにかく魅力的な要素が満ち溢れていた。あぶない刑事も、描かれる事件の内容は、硬派でしたが、その硬派な雰囲気を打ち消すかのごとく、徐々にレギュラー陣のコミカルな面が強調されるようになり、最初は、大人しかった薫やトオル、ナカさんやパパを含めた捜査課のメンバーもどんどんアドリブ&ギャグ全開の体当たりの演技をするようになって、より個性を極めていった。それまでのドラマでは、生真面目で落ち着いた役柄が多かった課長役の中条静夫さんが二人に怒鳴り、キレまくるまさに「あぶないたぬき課長」こと近藤課長を演じていたのが、何より当時は、衝撃だった(笑)。


最初のテレビシリーズの最終回でゴースト(幽霊)のようなものと戦ったタカとユージ。映画の「まだまだあぶない刑事」では、タカとユージがゴーストか?と言わんばかりの展開ながらも、どうやら生きているらしいが釈然としないまま、あれから7年経過してしまいましたが、はたして、続編が作られるのか気になるところです。そろそろあぶない刑事?いよいよあぶない刑事?やっぱりあぶない刑事?…タカは、今年映画でヒーローになったり、NHKの朝の連続ドラマに出演するらしいので、スケジュール的に難しいのではないかと思うのですが…復活するならよろしくあぶない刑事…。


 

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
牧・タク・しのぶちゃん
>≫タカの舘さんは、今年映画でヒーローになったり、NHKの朝の連続ドラマに出演するらしいので、スケジュール的に難しいのではないかと思うのですが…

>舘さんといえば、今年のお正月に放映されたテレビ東京の新春時代劇スペシャル「忠臣蔵・その義その愛」で大石内蔵之助を演じたそうですね。

僕はこのドラマをあまり見ていませんが、その他の出演者では吉良上野介を柄本明さん・「刑事貴族」のタクを演じた宍戸開さんが椎葉喜十郎・明石太夫役で中山忍さんが出ていたそうですね。

特に、開さんと舘さんの共演を後で知ったときは、「もし『刑事貴族1』の最終回までの主役が牧だったらタクと牧のコンビも拝めたのか?」と言う印象を覚えました。

そういえば、舘さんと開さんは「忠臣蔵・その義その愛」が初共演なんでしょうか?。

かたや勇次(最近「勇次」と言う名前を見ると恭兵さんと中条きよしさんの顔が目に浮かんできます)を演じた柴田恭兵さんは去年はTBSの『南極大陸』に出演されましたが、今年に入ってから恭兵さんのドラマ出演に関するニュースを見ていないので近況が気になるところです。

9人のコリない日本人 2012/06/15(Fri)20:25:47 編集
Re:牧・タク・しのぶちゃん
>特に、開さんと舘さんの共演を後で知ったときは、「もし『刑事貴族1』の最終回までの主役が牧だったらタクと牧のコンビも拝めたのか?」と言う印象を覚えました。
舘さんが一年間刑事貴族で牧を演じていたら宍戸開さんとの共演も実現していたのでしょうね…でも、舘さんが降板していなかったら、新レギュラー枠があったかどうかもわからないし…。

>柴田恭兵さんは去年はTBSの『南極大陸』に出演されましたが、今年に入ってから恭兵さんのドラマ出演に関するニュースを見ていないので近況が気になるところです。
はみだし以降、アクション系のドラマではお姿をお見かけしないですね。映画では吉永小百合さんと共演するみたいですが、その映画の脚本は、あぶない刑事にも携わっていた那須真知子さんが担当しているらしいですね。
【2012/07/13 02:18】
悪夢=「あぶない刑事フォーエヴァー」の前哨?
ガースさん・こんにちは。

>≧最初のテレビシリーズ最終回でゴーストのようなものと戦ったタカとユージですが、映画の「まだまだあぶない刑事」では、タカとユージがゴーストか?と言わんばかりの展開ながらも、どうやら生きているらしいが釈然としないまま、あれから7年経過してしまいましたが、はたして、続編が作られるのか気になるところです。

>最初のTVシリーズの最終回は、「悪夢」というタイトルでしたが、「謎の白いコートの男が警察関係の施設を襲う・・・」というストーリーでしたね。

この回は、「白いコートの男による警察襲撃事件」と並行して「宿直?の日がデートなので、誰かと夜勤を代わって欲しい透」と「謎めく少女からの自殺予告に東奔西走する薫」のサブエピソードも見ものでしたが、「電話ボックスで殺された男がレンタカーを借りていた」ことをナカさんから聞いた近藤課長とナカさんのやりとりや透に「死体安置所に行って、山中一郎の死体があるかどうか見てこい」と頼む課長・「1人で?」と戦慄する透のやりとりも妙に笑えました。

また、「交番やパトカーが白いコートの男に襲われ、港署まで被害にあう」という展開は、後の「あぶない刑事フォーエヴァー」における「城島の交番狙撃」「風吹アスカの口封じをしようとする城島とタカ・勇次が港署で戦う」「NETの武器を輸送する警察のマイクロバスを先導していた白パトがNETの襲撃をうける」という展開に受け継がれたのではないか?と思いました。
9人のコリない日本人 2012/07/24(Tue)18:02:13 編集
Re:悪夢=「あぶない刑事フォーエヴァー」の前哨?
>また、「交番やパトカーが白いコートの男に襲われ、港署まで被害にあう」という展開は、後の「あぶない刑事フォーエヴァー」における「城島の交番狙撃」「風吹アスカの口封じをしようとする城島とタカ・勇次が港署で戦う」「NETの武器を輸送する警察のマイクロバスを先導していた白パトがNETの襲撃をうける」という展開に受け継がれたのではないか?と思いました。
確かに「悪夢」と「FOREVER」のTVスペシャルの展開は、酷似しているところがありましたね。驚異的な戦闘能力を持つ城島は、あの不気味な白いコートの男と匹敵するくらいの存在感がありました。劇場版で蘇って、再びタカとユージと一戦を交えると思っていたのに、あっさり倒されてしまったのは、残念でした(笑)。
【2012/08/12 23:34】
北のカナリアたち
ガースさん・こんばんは。
>≫映画では吉永小百合さんと恭兵さんが共演するみたいですが、その映画の脚本は「あぶない刑事」にも携わっていた那須真知子さんが担当しているらしいですね。

>その映画は「北のカナリアたち」という映画ですね。自分も町の上映会で見ましたが、恭兵さんが吉永さん演じる川島ハルの夫・行夫として登場し、バーベキューをする子供たちと行夫の触れ合う姿には今まで見たことない恭兵さんの姿を感じました。

その他の出演者では、ハル先生の父親の里見浩太朗さんや生徒役で「刑事の現場」の主人公だった森山未來さん(ノブト)・「ウルトラマンマックス」でロボットのエリーを演じた満島ひかりさん(マナミ)・松田龍平さん(巡査のマツダ)が出演されていましたが、孫思いなノブトのおじいちゃん役で福本清三さんが出ていたことにも驚きました。

また、仲村トオルさん演じる警官・阿部の謎めくキャラクターも見ものでしたが、駐在として勤務する阿部を見た同僚が「阿部さんって敏腕の刑事だったんでしょ?」というセリフが出た時には嬉しくなりますが、「分校の元教師の教え子が事件の重要参考人となった」に端を発し「ハル先生と夫の死別・生徒が巻き込まれた事故」から「空白の20年間の想いを伝えようとするハル先生の行動」を描いており、「行夫が命を落とした事故」の謎が少しずつ明かされる展開が見ものでした。
9人のコリない日本人 2013/06/24(Mon)18:45:10 編集
Re:北のカナリアたち
>また、仲村トオルさん演じる警官・阿部の謎めくキャラクターも見ものでしたが、駐在として勤務する阿部を見た同僚が「阿部さんって敏腕の刑事だったんでしょ?」というセリフが出た時には嬉しくなりますが
円熟味を増した仲村さん主演のアクション刑事ものが見てみたいですね。あの頃の舘さん柴田さんと匹敵するくらいシブい刑事を演じてもらいたいですね。
【2013/07/25 23:54】
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 7
8 9 10 12 14
15 16 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[10/08  9人のコリない日本人]
[09/28  9人のコリない日本人]
[09/24  9人のコリない日本人]
[09/23 マイケル村田]
[09/22 NONAME]
[09/13  9人のコリない日本人]
[09/01  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]