忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/08月

≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[703]  [702]  [701]  [700]  [699]  [698]  [697]  [696]  [695]  [694]  [693
D-LIFEで放送中の「チャーリーズエンジェル」、シーズン1全22話の放送が終了し、再び二順目がスタートしておりますが、放送されていた時代が近いせいかナイトライダーでゲスト出演していた俳優をよく見かけます。ナイトライダーと同時期の作品なのかと思っていたのですが、チャーリーズエンジェルは、1976年から81年までの放送なので、1982年にナイトライダーがスタートした時は、すでに終了していたんですね。


「地獄へのストックカーレース(Helride)」には、ドン・ゴードン(ナイトライダー出演タイトル「消えた証人を探せ!爆走ナイト2000波止場の大激突(THE FINAL VERDICT)」「狙われた名馬!転倒に秘められた陰謀!!(KNIGHT BY A NOSE))が出演していたが、「大逆転!避暑地のクライマックス(Angels on a string)」には、セオドア・ビケル(Theodore Bikel)が出ていた。この人、ナイトライダーでは、ボニーとナイト2000(KITT)を洗脳して犯罪に利用するヘリオス会会長のドゥビル教授役を演じていた人です。




 

チャーリーズエンジェルでは、ポーランド出身の国際政治学者ピーター・ヴィシンスキー教授役を演じていた。ヴィシンスキーの大ファンであるサブリナが何ものかのグループがヴィシンスキーの替え玉を使って、彼と国務次官が共同で行う東側の共産勢力を封じ込める提案を国連に提起するための記者会見の妨害をたくらんでいることに気づき、エンジェル達がそれを阻止しようとする話だった。


ナイトライダーと同じく、やはり教授役を演じていたビケルさん。立派に蓄えたお髭が魅力的ですが、オーストリア・ウィーン出身でミュージシャンとしても活躍されているそうです。89歳になった今年も「Sings a Collection of Jewish Folk Songs」というアルバムを出している(アマゾンでも買えちゃう)ほど、向こうでは、有名な歌手のようです。






最近は、映画やドラマには、出演されていないようですが、「スパイ大作戦」シーズン3の「酸素テントの中(The Cardinal)」では、独裁者の地位を保つため、自由国家存続を願う枢機卿スタニラス・スーチェックを監禁し、彼の替え玉を使って、来るべき選挙に勝利し、独裁権を維持しようとするゼプキー将軍を演じていた。チャーリーズ・エンジェルとナイトライダーでは、同じビジュアルだったが、さすがにスパイ大作戦出演時のビケルさんは、髪も黒々としていて若いですね。まだ顎鬚も少なくて、初見時は、別人だと思っていました。替え玉の話って昔はよくありましたね。当然スパイ大作戦にもたくさんあったが、ナイトライダーでも「ナイトライダー3 替え玉博士略奪作戦」など、サブタイトルにもなるほど替え玉のエピソードが多かったです。また、「ハワイ5-0」や、「女刑事ペパー」のシーズン4「SONS」と言うエピソードにも出演しているようですが、残念ながら日本未放映のようです。



チャーリーズ・エンジェルのゲストについて書こうと思っていたのに、気づけば名バイプレーヤー列伝的な内容になってしまった(汗)。なので久しぶりに「名バイプレーヤー列伝」のカテゴリーに登録しておきます(苦笑)。




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 5
6 7 9 10 12
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]