忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/08月

≪07月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09月≫
[388]  [387]  [386]  [385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [378
イタリアホラーの巨匠ダリオ・アルジェントと言えば、背筋が凍るほどのショッキングな殺人シーンに定評のある監督。血の滴る世界を寄り美しく、華麗に見せるカメラワークと映像マジックが魅力です。学生時分一時期ハマりにハマったが、20年ぐらい前は、アルジェントの映画も地上波の深夜帯によく放送されていました。テレビで初めて見たのは『フェノミナ』。その後、『シャドー』『インフェルノ』『ゾンビ』『デモンズ』などなど、様々な作品をレンタルしたが、アルジェントと言えば、なんと言っても一番有名なのは、『サスペリア』だろう。

その続編に当たる日本では、『サスペリアPART2(Profondo Rosso)』のタイトルで公開された作品があるが、実は、これ前作よりも先に制作されていたそうで、しかも、内容についてもサスペリアとは、全く関係がなかったと言う曰くつきの映画。主演のマークを演じるのは、『超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ』のパイロットでエアーウルフの産みの親モフェット博士を演じたデビット・ヘミングス。この映画に出演時の若きヘミングスは、細身ですらっとした二枚目で凄くカッコ良かったが、エアーウルフの時は、もうかなり太った親父になっちゃって、年月の重みを感じた…(汗)。クリスマスの夜に起きたある殺人事件を発端に、作曲家のマークが事件の謎に迫って行く内容で、テレパシーやら心霊やら、オカルトチックな要素を交えながら、姿の見えない殺人鬼によって、惨劇が繰り返されていく…。どこからともなく聞こえる不気味な子守唄や、迫り来る奇怪な操り人形、作家のアマンダが熱湯を顔に浴びせられて殺される殺人シーンなども印象的だが、アルジェント映画のもう1つの魅力と言えば、ゴブリンの音楽。ゴブリンが奏でるプログレッシブサウンドにもハマり、CDも集めるほどでした。




『サスペリアPART2(Profondo Rosso)』のテーマ曲。劇中のBGMもそそられる曲が多かった。




『フェノミナ』のテーマ曲。幻想的かつ刺激的な映像と共にこの曲にも魅せられた。ゲームミュージックじゃないよ(笑)。




ちなみに、これは、『フェノミナ』の挿入歌。ゴブリンでは、ありませんが、映画のイメージに素晴らしくマッチしていた。今聴いてもカッコ良いですなぁ
…。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 5
6 7 9 10 12
13 14 15 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]