忍者ブログ
10年の時を経て遂げたエポリューション!! さぁ私のぼやきを聞いておくれ!
2017/06月

≪05月  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07月≫
[292]  [216]  [293]  [294]  [295]  [296]  [145]  [144]  [143]  [142]  [218
去年続いてAXNで『刑事ナッシュ・ブリッジス』の連続放送がスタート。今回は、全6シーズン完全放送と言う事で、4シーズン以降の話も見られるので非常に楽しみにしております。地上波放送時、こちらの地方では、確か土曜のお昼や日曜の朝に放送されていたと思うのですが、『特捜刑事マイアミバイス』と同じくゴールデン、もしくはプライムの時間帯に放送されていたら、DVD化がもっとスムーズに進んでいたのかも?ナッシュを演じるドン・ジョンソンは、マイアミ・バイスで、ソニー・クロケットを演じていたが、ソニーが良い感じに歳を重ねて、家族想いの超ベテラン刑事に進化したような感覚でナッシュを見てしまいます。OPは、第1シーズンのものと第2シーズンの途中から映像と音楽が変更したものと2バージョンありますが、最初のバージョンは、写真でナッシュの生い立ちと人間像をイメージさせるもの、次のバージョンは、過去の名場面を取り入れたポップでスタイリッシュな映像と音楽のシンクロ感が絶品。個人的にお気に入りは、2番目のOPです。

ナッシュと言えば、テレビドラマとは思えないほど迫力のあるアクションシーンが魅力。銃撃戦、カーアクション、爆破など、映画級の迫力のあるアクションが展開し、まるで『リーサル・ウェポン』シリーズをテレビドラマで見ているような感じになるほど毎回エネルギッシュなところが良い。チーチ・マリンが演じるちょっおとぼけた刑事ジョーとナッシュの絶妙なコンビネーションも最高で、シャレた会話のやりとりも面白い。凶悪事件の捜査を主軸に、ナッシュの家族の物語も展開する。アルツハイマー気味のナッシュの父・ニックが巻き起こす様々な騒動の中で垣間見られるナッシュとニックのほろ苦い親子愛も印象に残る。娘のキャシディは、ナッシュの部下のエバンと恋仲になるが、第6シーズンでは、ナッシュと同じ所属のS.I.U.の刑事になってしまう。『24』のジャックと娘のキムの関係を彷彿とさせられる。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 7 8 10
11 13 14 15 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[06/18  9人のコリない日本人]
[06/04  9人のコリない日本人]
[06/02 NONAME]
[06/02 NONAME]
[05/22  9人のコリない日本人]
[05/19  9人のコリない日本人]
[05/14  9人のコリない日本人]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ガース
性別:
男性
カウンター
アーカイブ
バーコード
by thanks

Copyright © 超ぼやき宣言 All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]